Key Person

山田誠二(人工知能研究者)

ディープラーニングの台頭によって、AI研究は第三次ブームを迎えています。AI搭載の家電やガジェットが普及するなかで、「AIとの共存社会」も現実味を帯びてきています。
国内のAI研究の第一人者、山田誠二さんに、業界の動向、展開について伺います。

2018.06.21 Update !

詳細を見る

Report

100年先の未来を思い描く、先見の明を

NTTデータ 技術開発本部が毎年公開する「NTT DATA Technology Foresight」は
継続的な調査からイノベーションへつなげる将来予見。
今後3年から10年の間に世の中に多大なインパクトを与える
先進技術や社会変化を紹介しています。
MITメディアラボ副所長の石井 裕教授を囲み、担当者たちが意見交換しました。

2018.06.18 Update !

詳細を見る

Report

廃棄物処理を変える機械学習ロボット

産業廃棄物は処理の過程でゴミを分別、
リサイクルできるものは再び社会に活かす。中間処理を行う埼玉・深谷のシタラ興産は、AI搭載の分別ロボットを日本で初導入しました。ゴミを画像解析し、機械学習でアップデートする現場を訪れます。

2018.03.29 Update !

詳細を見る

Special

AIがもたらす社会変革とは

急速な勢いで浸透するAI(人工知能)によって、
既存システムや社会、人、モノの役割は大きく変化しつつあります。
取材した導入事例や研究事例をもとに、
AIとともにある未来への向き合い方を考えます。

2018.03.29 Update !

詳細を見る

Foresight

深層強化学習で超高層ビルの地震に備える

2011年3月に発生した東日本大震災。
震源から遠く離れた東京の超高層ビル群でも「長周期地震動」による被害が報告されました。
多様な地震波から、どうすれば人々を守れるか。
発展を遂げ続ける日本の制振技術が、AIの深層強化学習でさらに進化しています。

2018.03.09 Update !

詳細を見る

Special

ブロックチェーンが切り開く新しい社会

ビットコインの登場とともに注目され、
取引データを分散的に管理する新しい技術として
多様な業種が利用し始めているブロックチェーン。
専門家の知見や事例を通じて、ビジネス応用への可能性に迫ります。

2018.02.06 Update !

詳細を見る

Foresight もっと見る

社会と技術の未来予測レポート「NTT DATA Technology Foresight」に繋がるテクノロジーの最前線をご紹介します。

Report もっと見る

テクノロジーの力を使って世の中の課題に向き合う活動をご紹介します。

Key Person もっと見る

プロフェッショナルな先見性で未来を切り拓く第一人者をご紹介します。

Eventもっと見る

当ウェブメディアのコンセプト「テクノロジーと未来をつなぐ」に関連するイベントをご紹介します。

Magazineもっと見る

広報誌「INFORIUM」に掲載した関連情報と、編集長のコラムを掲載しています。

キーワード

ABOUT US

MESSAGE

テクノロジーと未来をつなぐ。

わたしたちは、未来につながる予見力と、最新のテクノロジーで、
社会の変革に取り組み、さまざまな知恵を紡ぐ共創活動を通じて、
新たな価値の創造をめざしています。

その源泉は、ひとり一人の「知恵」や「強い想い」です。

だからこそ、新たな変革を生み出す最前線で活躍する「人」に焦点をあて、
読者のみなさんと、ともに考え、行動し、
より良い未来の姿を探求したいと考えています。

INFORIUM(インフォリウム)とは、
INFORMATION(情報)と
ATRIUM(人が集まる開かれた空間)を合わせた造語です。

情報を伝えるだけでなく、さまざまなイベントの場を通じて、
知恵と知恵とのコラボレーションを触媒し、テクノロジーの力で、
人や社会にとっての幸せを広げる、わたしたちのプラットフォームです。

Co-Creation Space

さまざまな知恵を紡ぐ共創活動を通じて、ともに未来の姿を考えるため、
わたしたちは、INFORIUM 豊洲イノベーションセンターをつくりました。

未来志向のワークショップスペース機能だけでなく、
アイディアを生み出すヒントとなる、先進のテクノロジーを体験できることが特徴です。

テクノロジーの可能性を信じ、枠組みを越えてクリエイティブな知恵を出し合い、
その知恵の実現に向けて、ビジネスの力を組み合わせる。
そんな場づくりを積極的に行っています。

みなさんのお越しをお待ちしています。

INFORIUM豊洲イノベーションセンターについて