Event / Report

【イベント告知】未来のしくみ会議「ドローン活用による社会課題解決」

ドローンバード災害支援の事例をもとに、ドローンを活用した社会課題解決を考える

ドローン活用による社会課題解決

1

NTTデータではイノベーターの交流を促進し新しい未来のカタチを創り出す未来のしくみ会議を定期開催しています。
過去の開催模様は下記の関連記事を参照ください。第一回は社外有識者ゲストとしてtakram design engineeringの田川 欣哉さんをお呼びしてイノベーションの起こし方について議論しました。

今回のテーマは「ドローン活用による社会課題解決」ドローンバードプロジェクトをもとに、防災や減災に限らず様々な分野で、ドローンを活用した社会課題解決や新しいサービスを生み出していくことを目指します、ドローンの活用に興味がある人、ドローンバードの取り組みを知りたい人、災害対策などを実施している人など、ぜひ参加してください。

登壇者・ファシリテータ

■登壇者
青山学院大学 地球社会共生学部(メディア/空間情報クラスター)教授 古橋 大地 氏
huruhashi
特定非営利活動法人クライシスマッパーズ・ジャパン代表。1975年東京都生まれ。東京都立大学で衛星リモートセンシング、地理情報システムを学ぶ。2001年、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学専攻修了。2005年よりマップコンシェルジュの代表取締役を務める。地理空間情報の利活用を軸に、Googleジオサービス、オープンソースGIS(FOSS4G)、オープンデータの技術コンサルティングや教育指導を行っている。ここ数年は「一億総伊能化」をキーワードにみんなで世界地図をつくるOpenStreetMapに熱を上げ、GPS、パノラマ撮影、ドローンを駆使して、地図を作るためにフィールドを駆け巡っている。

■ファシリテータ
Think the Earth 鈴木 高祥 氏
shuzuki
大学卒業後、人材総合サービス企業にてコピーライター、クリエイティブディレクターとして勤務。その後、シブヤ大学の立ち上げを経て、横浜を拠点に「世代間交流」「行政・企業・NPO連携」をテーマにした街づくりコンサルティング団体「SoLaBo」を立ち上げ代表に就任。横浜市をはじめ、さまざまな企業連携による共創の場づくり、およびワークショップの企画・運営を行う。現在は、個人や組織が変容するために必要な相互作用がおきる場を「発酵」に見立てた「カモス会議」を主宰。また「エコロジーとエコノミーの共存」をテーマにしたThink the Earthにも所属し、さまざまなプロジェクトを手掛けている。

イベント概要

日時:2017年4月25日(火)18:00~21:00 ※終了後簡単な懇親会を予定
場所:NTTデータINFORIUM豊洲イノベーションセンター
東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル10階
募集人数:50名程度
アジェンダ:
18:00~18:10 概要説明(NTTデータ)
18:10~19:00 ドローンバードプロジェクトの紹介(青山学院大学 教授 古橋 大地 氏)
19:00~21:00 ドローンを活用した社会課題解決や新サービスを考えるワークショップ(ファシリテーター:Think the Earth 鈴木 高祥 氏)
21:00~22:00 懇親会

申し込み

氏名、会社名、所属部署、連絡先(メールアドレス)、ご自身が考えるドローン活用についての簡単なご意見を記載の上、下記のアドレス宛に申し込みください。申し込みは4月20日までとさせていただきます。
株式会社NTTデータ 未来のしくみ会議事務局
mail:mirai-kaigi@kits.nttdata.co.jp

Key Person

IT × イノベーション   田川欣哉(デザインエンジニア)

Focused Issue

IT × 防災   ドローンバード シビックテックによる災害支援